荻原綾さんの生い立ち

山形県酒田市出身の荻原綾さんは大手商社で働く商社マンです。幼い頃はとてもいたずら好きでやんちゃな子供でした。学校の授業も一番得意な科目が体育だったほどスポーツマンタイプで活発な少年でした。それほど勉強ができる子供ではありませんでしたが、中学生のときに酒田市で募集していた海外派遣事業に応募することで、その後の人生が決まる経験をすることになります。

同じクラスでは積極的に応募する人がいなかったので、最終的には荻原綾さんが応募することになり、2週間の短期型ホームステイをするためにアメリカに行くことになりました。通っていた学校から3名、他の学校から6名の生徒が参加して日本とアメリカの交流も兼ねて素晴らしい体験をしました。ここで荻原綾さんは中学生ではありましたが、アメリカのスケールの大きさに驚くことになります。そしていつしか自分も世界を駆け回って仕事をしたいと思うようになりました。

もし中学校のときの短期留学の経験がなければ商社マンになっていなかったでしょう。それほど留学先で経験したことが人生にプラスの影響に働き、そこから一生懸命に勉強をして現在の荻原綾さんがあるのです。今はヨーロッパの赴任先で頑張っていますが、長期休暇を取っては思い出のアメリカに行って今でも交流があるホームスティでお世話になったファミリーと楽しい時間を過ごしています。

インフォメーション

2017年01月19日

ホームページを更新しました

line