コンテンツ

荻原綾さんの1日

商社マンとして朝がとても早い荻原綾さんの1日は朝6時から始まります。現在日本勤務の荻原綾さんは7時には会社に出社しています。会社の近くに独身寮があるので、満員電車に揺られることなく出勤できるのが救いです。早速メールのチェックをして急ぎの用がある場合はすぐにでも返信して対応しなければいけないからです。朝からメール対応に追われてしまうこともあって忙しいです。その後午前中は営業部門と打ち合わせをしたり、上司と会議をすることが多いです。

お昼のランチは同期と食べに行くことが多いですが、時間が合わないことも多くて一人寂しく食べることも慣れたという荻原綾さん。海外勤務のときは食事に苦労しましたが、日本勤務の場合その心配をすることが無いので美味しくランチをいただいているとのことです。午後は取引先の会社まで営業に出かけたり、海外部門とインターネット回線を使って会議をすることも多いです。日によって業務内容は異なりますが、会議と外回りをすればあっという間に夕方になってしまうそうです。

商社に入社してから荻原綾さんは久しく定時に帰ったことがありません。夕方になってからも様々な仕事が飛び込んできます。海外からタスクが舞い込んできたら、すぐに対応を迫られてしまうこともあるので、日付が変わってしまうこともありますし、付き合いで飲み会も多いので体調管理をしっかりしなければいけないと常々思っています。